恋問、中高年煩悩生活

道東の道の駅「恋問」近辺に移住し、何歳まで、健康的にボケずに生存可能か、日々実践し無駄な抵抗を続けるおバカな中年男の煩悩の日々を綴る。

年末最後の摩周岳ハイキング は晴天やっ!

年末最後のハイキングに参加しました!


場所は摩周岳!、予報は午後から雪との事で、第一展望台駐車場に停めて、スノーシューで行けるとこまで行って、天候の頃合いを見て引き返す!。
との、リーダーの計画を聞いて、午前7時に釧路の喫茶店「シルク」を出発!


メンバーは気心にしれた5人。大体同年代なので、気遣いは少ない。


途中の天候は雲一つない快晴!


道東はこの時期、他が雪模様でも割合晴れ間が多い。


10時半前後に

に到着!。ここの駐車場は駐車料金を徴収されるので、割合、山仲間には評判悪い!
まあ、おいら的には、今は改修中だが、トイレが整備されて、観光場所でもあるので、トイレをこんな高台で整備されているので、まあ、徴収されてもいいかも的な感じなのだが、地元では駐車場で金をムシリ取られるのが、気分が悪いらしい!(笑い)


冬場は利用客が少ないので徴収されない。(笑い)


思ったほどの雪は無いが、それでも、スノーシューで歩くと、ズボズボ埋まる!


ここのコースは、西別岳の分岐まで高低差が少なく、スノーシューの練習には適していると思う。


まあ、毎年来ている方は、高低差が少ない道をダラダラ歩くのが嫌的な方もおられる!。


人それぞれ!、見方は分かれるね!


10:36分、分岐点で小休止!


今の処、天気は上々!、風も無く、穏やかな状態!

メンバーの山仲間


雲の動きを確認しながら、11:20分頃に引き返し、平坦で風の影響を受けない場所を探してツェルトを張る。


今回は、男2人。おいらは、スコップで食卓の台座と座る位置を見極め、足元の部分を掘る作業。まあ、昨年来ているので、見よう見まねで、大体の感じで掘り起こす!


ネットで購入した、簡易スコップが役に立った。


このツエルト、たかがビニール、されどビニール、暴風避けに役に立つ。


こういう道具も登山クラブに入らないと、理解出来ない代物と思える。
持ち寄った昼飯を出し合って歓談!


ワイワイガヤガヤ!


まあ、この時のひとときを味わいたくて来ている感が強い!


苦労して山に登る!


今年は登れた!、来年は来れるか?。若い時はスイスイ登れたのに、最近はセイゼイ、ハアハア!、


いつものメンバーが、「もう、この辺で十分!、引き返しましょう!」等と、まだまだ時間十分なのに、引き返す算段を考えている。


年代的に、無理をしない事が先決になる時期を迎えてきていると言う事か?


11:53分に撤収を始める。


空模様は曇りががってきた。


風は少ないが、途中から雪が降り出す。


予報は正確だった。


早めに撤収、引き返して正解だった。


高台に置いた駐車場の車を見ると、雪がかぶっている。


皆、早々にスノーシューを取り外し、お土産屋のトイレに駆け込む。


駐車場を出る時は、すでにブリザード状態!。道路と側面の見境がつかない。


道路に出ても、駐車場の中なのか?、道路に出たのか?、判断がつかない。


しばし、立ち止まる!


側面の降りしきる雪から僅かに見える標識を見て、道路に出たと判断できた。


多分、お土産屋さんも撤収になるとの事。


この高台に来る道路も遮断して通行止めになるだろうとの事。


うーん、おっそろしい!(笑い)


14:00分、途中の温泉にてホテル摩周

に浸かり、汗を流す。ここの温泉料金は400円。
摩周駅の交通は

着替える場所が恐ろしく狭く、リーダーは不満らしい。


温泉の場所も、反響音が響いて、隣の女性の会話が大きく聞こえて来る。


休憩場所はクリスマスのイルミネーションが飾られていた。


本日の車代は1000円、温泉を加えても1400円。


これで、それなりの冬山登山(ハイキング)を満喫できれば最高だなす。(笑い)


はーっ、し・あ・わ・せっ!


それにしても、摩周湖って、展望台から眺めるのは有名だが、そこから素通りして阿寒湖温泉に行くのが一般的。


まあ、屈斜路湖の砂湯や冬の白鳥もあって寄り道出来る。阿寒湖畔は観光施設が集中してまりもも有名。


はて、摩周湖は何じゃラホイ?摩周温泉は道東観光の中心です!



なんちゃって?


摩周湖には何も無いの?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。