恋問、中高年煩悩生活

道東の道の駅「恋問」近辺に移住し、何歳まで、健康的にボケずに生存可能か、日々実践し無駄な抵抗を続けるおバカな中年男の煩悩の日々を綴る。

フリーテルのポケットwi-fiと端末事業は今後の動向見極めて判断したい!

楽天モバイルがフリーテルの通信契約事業を買収して久しいが

ポケットwi-fiと端末事業については、どーするか?、動向がはっきりしなかった。


すでに、民事再生手続きを行っており、負債を抱えて倒産手続きの過程と言うのが当方の判断だった。会社と言うもの、一旦不渡りを出すと、裁判で再生したとしても、事業的には再生発展は難しい。一番のネックは資金繰りになる。不渡りで被害を被るのは、銀行、端末の作成会社。


銀行は被害を被った会社に金は貸さない。端末の作成会社も現金取引を要求してくるだろう。


そう言う意味で、民事再生は難しいと判断していた。


12月30日付けのニュースによると、
スマートフォンなど携帯電話機器の製造および販売を株式会社MAYA SYSTEMに譲渡する事の予定のようだ。

事業譲渡予定日は 平成30年1月9日なので、利用者として、静かに待ちたい。


ところで、この株式会社MAYA SYSTEMとは、どー言う会社なのか?

全世界対応型のポケットwi-fiを販売している会社らしい。

最後に、こちらの資本金を閲覧して驚いた!

五千万円!
フリーテルの資本金は

100億5,450万円!
うーん、昨年は35億が一世を風靡しましたがー

【35億】ブルゾンちえみ with B キャリアウーマンネタ
さて、どーなりますか?。
早く解約したいんですが、端末代金46,980円。1620円×29回払いが支払い残として残って、解約した場合は一括支払いなんだよねー。


正月の三日間は、案の定、繋がりにくい。
まあまあ、潰れても、契約した端末代金は絶対に回収したい的なー感じ!(ガックシ)


さてさて、今後の動向含めて、現状のポケットwi-fiの価格動向ですが、おいら的にはレンタル契約がいいかも~的に思っています。


ポケットwi-fiの通信速度は日進月歩。速度もそうですが、ポケットwi-fiそのものも、進化が激しい。


長期契約はリスクが伴う。


ならば、レンタルでの年間若しくは月間契約。この程度の契約期間であれば、リスクが少ない。


つう事で、検索してみました。UQワイマックス系は

wifi rental japanのuqwimax au w04が、月間制限なし、10GB/3日の制限付きで
総額3,240円/月です。


ドコモ系は

wifiレンタルどっとこむ dokomo E5383が、月間制限なし、3GB/3日の制限付きで
総額4,320円/月です。


矢張り、UQワイマックス系が3日の制限がゆるく、価格も安い!。
さて、何故、この価格設定が出来るか?的な感じですが、おそらく、端末がワンランク旧式になっていると思われます。まあ、おそらく的なんで、あくまでも私感です。 


まあ、それとも、お試し期間あり、高速通信制限なし、料金プラン変更可能のこちらを選択しますか?
料金プラン

初めちょろちょろ、中ぱっぱ!、最後にドカン!的な感じで4041円のお買上げ!


うーん?、レンタルでいいじゃん!(笑い)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。