恋問、中高年煩悩生活

道東の道の駅「恋問」近辺に移住し、何歳まで、健康的にボケずに生存可能か、日々実践し無駄な抵抗を続けるおバカな中年男の煩悩の日々を綴る。

倒産フリーテルの端末は使えるか?


「FREETEL」はなぜ民事再生法の適用という結末に至ったのか
まあ、会社に支払い能力がない=払えない=倒産と言う事ですが、民事再生法は、裁判所に申請して、再生能力があるので、支払い義務のある業者に、支払いを割引して貰う。若しくは長期に支払いを猶予してもらう。的な判断を裁判所で決めて頂く。


当方も、以前の会社で、民事再生法を申請して、再生を図りましたが、決して楽なものではありません。


道のりは厳しいでしょう。逆に再生しても、経営責任を逃れる事は出来ない。


ここで、思い出すのはイーモバイル(EM)との違いです。


当方、長らくEMを愛用していました。EMの良い所は、国産メーカーとタイアップして、特徴ある製品を開発していた事です。


そして、それは又、チャレンジ力旺盛な製品でした。


まあ、陳腐化しても、何故か愛着の残る製品が多かった感じがしています。
まあ、最終的にはワイモバイルに吸収され、ソフトバンクの傘下に下ってしまいましたが・・・。


方や、

、国産とは名ばかりのできの悪さが目立つ。中華製が悪いとは一概に言えない迄に、今の中華製のスマホは改良されてきていますが、中華製もピンきり!。
国産もどきのラベルを貼るのであれば、最終確認の出来のチェックをして貰いたい。


当方、


を所有していますが、最初の機種はバッテリーがあれこれいじくっても全く充電されない代物だった。二度目のものは、なんとか使っていますが、バッテリー充電の口金が陳腐で、接続の加減で充電されていない時があり、このため、充電されているか?、何度も確認する必要がある。


何よりもバッテリーが消耗し易い。半日持たない!。朝満タンに充電して、午後三時頃には死滅状態。


メーカーも、この辺は認識しているみたいで、おまけにバッファローの充電器をサービスで付けています。


まあ、こんなものを付けてもらっても、携帯で移動して使いたいのに、予備のバッテリーやら、充電のコンセントやらを持ち歩くのはなんだかなー?、


意味ないじゃん!


性能的にも余り良いとは感じられません!


まあ、しょうもないもんを買わされた!、感が強い。


ま、使い放題で、月々の支払いが4300円前後。登山の山頂で位置情報を確認するので、ドコモ系では、それなりに安い方か?、的な感じで注文したんですが、今年の夏頃、妙に回線の接続が繋がらない!。同じ場所で使っているのだから、繋がらないのが可怪しい感じですが、アンテナの棒が1本若しくは2本になってしまう。
これが、二、三日続いて、正直嫌になってしまいました。


それで、解約しようと思って契約状況を確認すると、1620×36回=58320円。

なんと!、端末代金が58320円だったんですよー。驚きましたー!


「フリーテル」に問い合わせすると、途中解約する場合は、残りの代金を一括精算して下さいとの事。そんな契約をした覚えはないと伝えると、注文=契約了承の判断との事。


まあ、詐欺商法ですね!、契約状況は、注文して初めて表示される仕組み!本人は三年縛りと理解していない。


もう一度言います!、詐欺商法です!


こういう会社に未来は無い!、潰れて再生はさせないで貰いたい。


審査する裁判所は、この、消費者の声を聞いて欲しいと切に思っています。


さて、私めは、この他に

なる機種を所持しています。
こちらの金額は、使った分だけ安心プランで最低料金が999円で、実際の金額が1150円前後、まあ、月に2、3回程度の電話ですから、最低料金で維持しています。


この使った分だけの契約はプリオリ4を注文しないと契約出来ない仕組みになっています。


ポケットwi-fiのアリア2もそ~ですが、アリア2を購入しないとポケットwi-fiを利用出来ない。


基本、抱き合わせ戦法の商品販売です。


当然満足出来ない顧客は多い。プリオリ4もバッテリーの接続金具が陳腐で充電したかどうかの確認に手間がかかる。


それと、文字入力のタッチ感度が鈍い!、なので、タッチした位置がずれた文字が入力される。何度も確認したが、最終的にタッチ感度が鈍いと言う結論になった。


購入した後、毎日のように「取り替えーる」メールが入る。つまり、ご不満でしたら、機種交換出来ます。まあ、他の機種と交換出来るらしい!。勿論、所定の金額を支払えばの話ではある。


こちらも抱き合わせ商法!、レベルの低い商品で最低金額の通話料金で契約させて、もう一台、違う商品を割賦契約で買わせる。


まあ、どう考えても、割賦契約で買うと割高になるので我慢していました。
フリーテルの雷神!

、賛否両論ですが、当たりハズレは認識していましたが、性能そのものは悪くは無い。何よりもバッテリーの保ちがいいように感じる。


10月頃、ネットで確認すると、時々投げ売り状態の値段で販売される時期があった。


あまりに安いと、逆に不安になるもので、1万5千円台前後で販売された時は眺めるだけだった。


ところが1、2週間経つと、2万2,3千円台で価格が統一され、唯一、アマゾンで1万7千円台前後で販売される様になった。


アマゾンの販売も、一定数量販売して売れきれ!、再度小出しに販売して売れ切れ!、これを数回繰り返す感じだった。


製品自体には魅力を感じていたので、ダメ元で注文!。


シムのサイズは合わないので、こちらもフリーテルにシムのサイズ変更を注文。


注文して来るまで、携帯が使えない不便を感じましたが、無事、「フリーテルの雷神」に収まり、問題なく使えています。


こちらは、バッテリーの接続金具がしっかりしていて、充電も高速仕様で、比較的短い時間で充電されます。


心配した初期不良も全くありませんでした!


まあ、アマゾン自体の責任もありますから、それなりの物を納品したと思うのは、考え過ぎでしょうか?。


ともあれ、今年に入って、フリーテル製品を3台、たて続きに購入してしまったのは事実です!。そう言う点では、「フリーテル商法」に、完全に、引っかかってしまったと思っても過言ではない!


「わっはっはっ」、ショウも無い奴じゃっ!


お笑い下さい!、大いに笑って下さい!、


うーん、我ながら、ショウも無い奴じゃっ!


どーしょうも無い奴じゃっ!(うえーん)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。